英国製ホワイトハウスコックスのお財布修理案内

英国製ホワイトハウスコックスのお財布修理案内

ブランドルレザーのホワイトハウスコックス
いい味が出ているホワイトハウスコックスの財布。ブライドルレザーは使い込むと特有の風合いが出ます。
ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)は1875年にイギリス・ウォルソールでホワイト・ハウスとサミュエル・コックスが創業したレザーブランドです。創業当初は馬具用品、イギリス軍の軍需用アイテムをメインに製造していましたが、1930年代に入ると、ブライドルレザーを使ったファッション性の高いアイテムも手がけるようになりました。現在も伝統的な製法で作られるブライドルレザーを使用した財布・名刺入れなどの革小物、ベルト、バッグなどを商品展開しています。

ホワイトハウスコックスの財布 メーカー修理の場合

ホワイトハウスコックスオリジナルと全く同じパーツ等にて修理を希望の場合にはメーカーに修理を依頼しましょう。
メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティ―カードや領収書がないと修理受付不可な場合がある
  • 海外購入品、並行輸入品は修理を受付けてもらえない場合がある
  • 見積もりや納期に長く時間がかかる
  • 修理金額が高額になる場合が多い
  • 状態によっては修理を断られること有り

◯ホワイトハウスコックス公式サイト

Whitehouse Cox & Co Ltd is a high quality manufacture of hand made leather goods produced at their factory in Walsall, England.

 

ホワイトハウスコックスの財布 パースフルで修理の場合

メーカー保証が切れている財布修理に関してはホワイトハウスコックスの財布修理実績が豊富な専門店に修理を依頼するのが一般的で安心です。
オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早くなおしたいといった場合はパースフルでの修理を検討しましょう。

ホワイトハウスコックスの財布修理をパースフルに依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能
  • 海外で購入した製品や並行輸入品の修理も可能
  • 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速
  • 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い
  • メーカー修理で断られても見積もり可能
  • オリジナルのパーツでの修理は不可

◯パースフル 公式サイト

修理に関するご相談やお見積りはお写真を添付の上メールにてお願いしております。修理作業が中断できない際はお電話を受け取れない場合もございます。ご不便おかけし申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。bleufoncebleu@gmail.com色々なタイプのブランド財布に対応長財布・レザーウォレット・二つ折り財布・コインケース・キーケースなどの修理はパースフルまで財布糸ほつれの修理案内糸がほつれてしまった場合にももちろん修理が可能です。ほつれてしまった糸をそのままにしておくと、状態が更に悪化してお財布にとってもよく...

また同じく英国レザーブランドのエッティンガーの修理でお困りの場合には下記のページを参照してみてください。

エッティンガーのお財布はどういった修理が可能なのか?こちらのページでは英国王室御用達のエッティンガーお財布修理について解説していきます。お財布の修理ってそもそもできるの?と言った疑問をお持ちの方も一度目を通してみてください。言わずと知れたエッティンガーはイギリスのレザーを扱っているブランドです。ハンドメイドかつ手間を惜しまず製造されています。また最高品質のブライドルレザーを使用していることでも有名です。そんなエッティンガーを長く愛用されている方も多いのではないでしょうか?堅実な作りのエッティ...

こちらのページではホワイトハウスコックスのお財布や革小物のの修理について詳しく解説していきます。修理自体を断られることも多いお財布について知りたいといった方は参照してみてください。
エディフィスなどのショップコラボも比較的多いホワイトハウスコックス。お財布修理の際にどこに依頼すればいいのかわからないといった方も多いのではないでしょうか?そういった場合には経験が豊富なお財布修理の専門店に依頼するのがお薦めです。

ほつれ修理とマチ交換

ホワイトハウスコックスの財布のカードケース部分や、二つ折り財布の中心などは長く愛用しているうちにほつれが生じる場合があります。その場合リステッチにて修理が可能です。

また、小銭入れ、札入れなどのマチが破れてしまうことがあります。この場合交換修理が可能です。

他のお店では断られてしまうことの多いこれらの修理でも対応いたします。

  • リステッチ 3000~8000円
  • マチ交換 10,000円~

 

ステッチのほつれ

二つ折りの財布はこの折り目の部分ステッチほつれに注意する。

ホワイトハウスコックス 財布 修理

マチ修理

ファスナーの修理について

ホック式が多いホワイトハウスコックスですがラウンドジップタイプはファスナーの消耗に気をつけましょう。

ririファスナー

ホワイトハウスコックスはスイス製のririファスナーを使用している。

使用頻度の高い長財布はファスナーが故障する頻度が必然的に高くなっています。故障してしまった際にももちろん交換での修理が可能ですのでご安心ください。

またファスナー交換の際に心配なのがデザインの変更点です。当サイトでは通常YKK製のファスナーとなります。

オリジナルと同様のriri社製ファスナーにて修理をご希望の場合には一度ご相談ください。

また気になるファスナーの色ですがこちらもオリジナルとほとんど遜色ない色にて修理可能です。

  • ラウンドファスナー交換(YKK製) 12000~15000円
  • スライダー交換 4000~5000円
    *riri社製ファスナーの場合は別途見積もり
ホワイトハウスコックス 財布 修理

ファスナー交換

 

ブライドルレザーの染色・リカラー

長く愛用すればするほど味の出るホワイトハウスコックスの英国ブライドルレザー。誤って汚してしまったりスレたりしてしまった場合には染色(リカラー)を検討しましょう。

財布の染色

色が部分的に剥げてきた場合は染色が可能。

ブライドルレザーの染色には長い経験と豊富な実績が必要です。当サイトではブライドルレザーの染色実績が多数ありますのでお気軽にご依頼ください。

  • 部分染色 7000~9000円
  • 全体染色 12000~15000円

 

クリーニング・染色

毎日使い、長く愛用してきたホワイトハウスコックスの財布は、セルフメンテナンスをしていても汚れが目立ってくるものです。その場合レザーの染色やクリーニングが可能です。

  • 財布クリーニング 4,000~5000円

 

革小物の色々な修理

取り扱ってくれる店舗が少ないホワイトハウスコックスの革小物の修理についても解説していきます。

キーケースで多い修理

キーケースでオススメの修理はバネホック(ボタン)の交換修理です。長く使用していると消耗して弱くなってくるバネホック部分は早めに交換しましょう。

バネホックの色はオリジナルの色に合わせて交換するので修理後に違和感が残ることはありません。

  • バネホック交換 4000~6000円
ダコタ 財布 修理

ホック交換

手帳&ブックカバーで多い修理

男性に特に人気なのが手帳カバーです。ホワイトハウスコックスの手帳はもっているだけで仕事ができそうな感じを演出できます。毎日タフに使えば使うほどに部分的に補修やメンテナンスが必要になってきます。

そんな手帳で多い修理依頼がギボシと呼ばれる金具部分とメス部分のレザーです。手帳を留めるレザーの部分が傷んできたり、弱ってきた場合には交換での修理が一般的です。

  • 留めレザー部交換 7000円~
  • ギボシ交換 6000円~
ホワイトハウスコックス ギボシ

乳首みたいなのがギボシ

その他ホワイトハウスコックスのお財布などの修理に関するお問い合わせはメールのお問い合わせフォームをご利用ください。

来店もしくは郵送での修理受けつけが可能です。来店での修理をご希望の場合には下記のページを参照の上、店舗までご来店ください。

こちらのページでは来店と郵送にて修理を依頼できるお財布修理専門店を詳しく紹介していきます。一般の修理店や購入店にて断られてしまったお財布も専門店なら修理可能なケースが多くなっています。諦めずにまずは見積もりを依頼しましょう。今すぐお財布修理を見積もりたい場合には下記のリンクより無料見積をご依頼ください。パースフル千石店舗情報お財布が故障してしまった場合に頼りになるお財布修理専門店「パースフル」は東京都内より来店が容易な千石駅最寄りにあります。日本で唯一のお財布修理専門店となっています。メーカ...

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。