キーケースの修理はできるの?といった疑問にお答え!

キーケースの修理はできるの?といった疑問にお答え!

キーケースって修理できるの?

金具部分が故障してしまった!

といったキーケースのトラブルは意外と多くなっています。そういった場合買い直しを考える前に修理を検討してみてください。

こちらのページでは経験豊富な修理職人がキーケースの色々な修理について解説していきます。ブランドのキーケースにももちろん対応しているので、ご安心ください。

専門店でのキーケース修理依頼方法と参考料金

当サイトにて依頼の多い修理を参考にどういった修理が可能なのかについて紹介していきます。

他店やメーカーにて断られてしまったキーケースについても諦めずに一度相談ください。

キーケースの金具交換

鍵を取り付ける部分のホックは長く愛用していると摩耗して外れてしまうことがあります。そういった場合にはキーケースの金具交換にて修理対応が可能です。

専門店での金具交換の場合、ブランドロゴは入らないので注意しましょう。ブランドオリジナルの金具にて交換したい場合は後で紹介するメーカーでの修理を参照してみてください。

  • キーケース金具交換一式 6000~8000円

 

レザーの汚れが目立つ場合の対処方法

ポッケに入れることも多いキーケースはレザーのケアも怠らないよにしましょう。

ブルガリやシャネルのキーケースなど長く愛用している場合にレザーの色が擦れたり退色してしまうことがあります。

そういった場合にはレザー染色やクリーニングを依頼しましょう。革のもとの色に合わせて丁寧に染色するので、修理後に違和感が残ることはありません。

  • 部分染色 8,000~12,000円
  • 全体染色 13,000~16,000円

 

バネホック交換

金具交換についで多いのがこちらのバネホック交換です。

フラップ式でホックが付いているタイプは金具が消耗してきたら交換を検討しましょう。ホックの色に関してもほとんどのタイプでオリジナルに近いものにて交換可能です。

  • バネホック交換 5,000円~

 

ステッチほつれの再縫製

ポケットに入れてキーケースを持ち歩いている方に多い修理です。

キーケースのステッチ部にほつれなどが見られたらこちらの修理となります。状態が悪化する前に早めにリステッチにて修理してください。

  • リステッチ 4,000円~

 

オリジナルのパーツにて修理したい!といった場合

ヴィトンやエルメスなど金具にロゴが入っているものは、同様の物にて交換したいという方も多いかと思います。メーカーでの修理であればオリジナルとほぼ同様のものにて交換可能なケースが多くなっています。

メーカー修理の際には注意点も多いので気をつけましょう。

◯メーカーでのキーケース修理注意点

  • パーツ交換が可能なのは現行品のみの場合が多い
  • 保証書や購入証明書が必要
  • 修理料金が高額になるケースが多い
  • 修理自体を断られるケースも有る

それぞれのブランドによっても違いますがメーカー修理には大きくみて上記のような特徴があります。依頼する際には注意しましょう。

ヴィトンやブルガリなどブランド品対応について

当サイトでも依頼のとても多いヴィトン、ブルガリ、カルティエなどのキーケース。もちろん修理可能です。

ブランド品のキーケース修理が多いのにはいくつか理由があるかと思います。品物としての価値が高いので、修理して愛用する人が多いのが理由の一つです。

ブランドのキーケースを修理する際にはキーケース修理の経験豊富な店舗に依頼するのが安心です。

その他キーケースの修理についての疑問やお悩みは無料のメール見積りをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

お財布の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK

 



金額や納期のみすぐ知りたい場合はこちらから!
Line無料見積もり
金額や納期のみすぐ知りたい場合はこちらから!
Line無料見積もり