Author: 澤井

「ラストクロップスの長財布のファスナーが閉まらない」 「コインケースのホックが閉まりにくい」 ラストクロップスの財布修理でお困りなら、こちらのページを参照してみましょう。ハイブランドの財布修理を専門に経験を積んだ職人が詳しく解説いたします。 修理後に後悔しないためにもまずはこちらのページからどうぞ。 LAST CROPS(ラストクロップス)は鴻野敏之が2006年に設立したレザーブランドです。「繰り返し造り続けることでこそ生まれる価値がある」をコンセプトに主にヨーロッパの皮革を使用したオリジナル皮革製品を提供しています。 財布をはじめ、バッグ、コインケース、カードケースなどのラインナップがあります。 ラストクロップスの財布をメーカーにて修理依頼する場合 ラストクロップスの財布、コインケースの修理をオリジナルのパーツで修理を希望する場合、購入店に相談してみましょう。 メーカーに修理を依頼する際のには以下の点に留意しましょう。 依頼する際にギャランティ―カードや領収書が必要な場合が有り 見積もりや納期に時間をようするケース有り 修理内容によっては断られてしまうこともある 修理費用が高額になるケースがある   財布修理専門店での修理 ラストクロップスの財布、コインケースの修理をメーカーに断られた、オリジナルパーツでの修理にこだわらないといった場合、修理専門店での修理を検討しましょう。 修理専門店に修理を依頼する前に以下の点を確認しましょう。 基本的にオリジナルのパーツを使っての修理不可 メーカー修理と比較すると見積もりや納期が迅速 ギャランティ―カード、領収書などがなくても修理可 メーカーで断られてしまった修理も見積もり可能 メーカーと比較すると修理金額が安価に収まるケースが多い それでは財布修理専門店での修理を詳しく見ていきましょう。 ファスナー・スライダー修理 しっかりと作られたラストクロップスの財布ですが長く使い続けているうちにファスナーが壊れてしまうことがあります。 長財布のファスナーが閉まらない、スライダーが動かない、引手が取れてしまったといった場合交換修理が可能です。オリジナルと遜色のない素材を使って修理いたしますので安心です。 ラウンドファスナー交換 12,000~15,000円 インナーファスナー交換 11,000~14,000円 スライダー交換 3,000~5,000円   ホックなどの修理 コインケースなどに使われているホックは長く使っているうちに壊れてしまうことがあります。その場合交換修理が可能です。 そのほか、ラストクロップスの財布、コインケースなどに使われている金属パーツなどが壊れた場合、交換修理が可能な場合がありますのでご相談ください。 バネホック交換 3,000~5,000円   コバのはがれ・ほつれ修理 コバが剥がれたり、縫製部分がほつれてきた場合修理が可能です。剥がれやほつれは早めに修理することをおすすめします。 またコバが汚れた、財布全体が汚れたといった場合のクリーニングも可能です。 コバの再塗装 5,000円~ 財布クリーニング 4,000円 財布染色 7,000円~   その他ラストクロップスのキーケース、カードケースなどの革小物の修理も承っております。ホックが閉まらない、もう使えないかな、修理できないかなとあきらめる前にパースフル財布修理専門店にご相談ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://bleufonce.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] お財布の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「フラットヘッドのファスナーが壊れた」 「汚れがしみ込んで取れなくなってしまった!」 フラットヘッドの財布修理でお困りなら、こちらのページを参照してみてください。財布修理専門の職人が詳しく解説いたします。 修理後に後悔しないためにもまずはこちらのページからどうぞ。 フラットヘッド(The Flat Head)は1996年、長野県で創業した日本のブランドです。1950年代の古き良き時代のアメリカのモノ作りを理想として、それをいまと融合させていることが特徴。現在は5つのレーベルを持ち、ジーンズ、バッグ、アクセサリー、革製品などを製造販売している。 フラットヘッド 直営店での財布の修理 フラットヘッドの財布は購入店で修理依頼、もしくはメーカーへ電話での相談を受付をしています。メーカーに修理依頼、見積を依頼すると時間がかかる場合が多く、また、一般的に修理費用も高額になるので注意が必要です。早く直したいときには修理専門店での修理も検討しましょう。 [blogcard url="https://www.flat-head.com/contact-us/"] フラットヘッド 修理専門店での財布の修理 フラットヘッドの財布修理で、早く直したい、とりあえず見積もり金が知りたい、メーカーで修理を断られてしまった、修理料金が高額になってしまった、といった場合、修理専門店の利用をおすすめします。パースフル財布修理専門店ではメールによる無料見積もりを受付けていますのでぜひ一度相談ください。 ファスナーの修理 フラットヘッドの財布、ウォレットはの財布修理の依頼で一番多いのがファスナーの修理です。 スライダーのしまりが悪い、途中で止まってしまった!ファスナーが閉まらない、または開かないといった修理依頼が多くなっています。その場合、スライダーだけの交換、又はファスナー全体の交換が可能です。 無理やり開けたり閉めたりを繰り返していると、財布本体がゆがんだり、ほつれ、壊れの原因になりますので早めの修理を検討しましょう。オリジナルに使われているものと遜色のない材料を使いますので、交換後も安心してお使いいただけます。 ラウンドファスナー交換 12,000~15,000円 インナーファスナー交換 11,000~14,000円 スライダー交換のみ 3,000~5,000円   財布の汚れ・色褪せ ポケットに入れたままの財布が汚れてしまったり、色あせが気になる場合、専門の職人がクリーニングをいたします。 しみ込んでしまった汚れや、革が色あせてきた場合も革染色で補修可能な場合があります。他店にて断られてしまった修理も諦めずにご相談ください。 特にジーンズの後ろポケットに常時入れて携帯している方などは色すれに注意してください。 財布クリーニング 4,000円 全体染色 9,000円~ 部分染色 7,000円~   ホック・ウォレットチェーンの修理 その他、ウォレットチェーンの根元が切れてしまった、チェーンが切れた、ホックが閉まらないなどの修理でお困りの場合には無料のメール見積もりにてご相談ください!修理依頼の際には来店もしくは郵送での修理が可能です。お気軽にご相談ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://bleufonce.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] お財布の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「アルマーニの長財布のファスナーが閉まらない」 「コインケースのホックが閉まりにくい」 アルマーニの財布修理でお困りなら、こちらのページを参照してみましょう。ハイブランドの財布修理を専門に経験を積んだ職人が詳しく解説いたします。 修理後に後悔しないためにもまずはこちらのページからどうぞ。 アルマーニ(armani)は創業者であるジョルジオ・アルマーニの名を冠したイタリア・ミラノに本社を置くブランドです。メインブランド「ジョルジオ・アルマーニ」、セカンドラインの「エンポリオ・アルマーニ」のほか複数の姉妹ブランド、化粧品、ホテル、レストランなどの事業展開をしています。 アルマーニ メーカーでの財布の修理 アルマーニの財布の修理は購入店、またはカスタマーセンターで受付けています。オリジナルのパーツを使った修理を希望する場合はメーカー修理をおすすめします。 注意したいのは、メーカーに修理依頼、見積依頼を依頼すると時間がかかるケースが多いことです。また、一般的に修理費用も高額になることが多いようです。早く直したいときには修理専門店での修理を検討しましょう。 [blogcard url="https://www.armani.com/system/selfservice.controller?CMD=ESCALATION_REQUEST&CONFIGURATION=2063&COUNTRY=jp&LANGUAGE=ja&PARTITION_ID=1&USERTYPE=1&secureFlag=false"] アルマーニ 修理専門店での財布の修理 近くに購入店がない、メーカーで修理を断られてしまったといった場合は修理専門店での修理を検討しましょう。 ブランドの財布修理を数多く手がけてきたパースフル財布修理店では専門の修理職人が修理を担当しますので安心です。修理料金が高額になってしまった、納期に時間がかかるといった場合などは一度相談ください。 ファスナーの修理 アルマーニの財布修理の依頼で一番多いのがファスナーの修理です。 特に人気のある長財布の外側のファスナーが閉まらなくなってしまう、スライダーが動かなくなってしまうといった修理依頼が多くなっています。こういったケースはスライダーだけの交換、又はファスナー全体の交換が可能です。 ファスナーの交換はL字ファスナー、ラウンドファスナーの交換も可能です。財布の内側のファスナーや小銭入れなどの小さい財布のファスナー修理もご相談ください。 オリジナルに使われているものと遜色のない材料を使いますので、交換後も安心してお使いいただけます。 ラウンドファスナー交換 12,000~15,000円 インナーファスナー交換 11,000~14,000円 スライダー交換のみ 3,000~5,000円     財布の破れ修理 柔らかな上質なレザーを使ったアルマーニの財布は長く使いこんでいるうちに縫製がほつれたり、破れてくることがあります。その場合、再縫製、分解修理で修理可能な場合がありますので是非一度ご相談ください。 修理料金については随時見積もりとなりますので、無料のメール見積もりからどうぞ。 財布の汚れ・色褪せ アルマーニの財布は使い続けていくうちに汚れてしまうことがあります。レザーにしみ込んでしまった汚れや、色が変色してし合った場合も諦めずにご相談ください。 専門の職人がクリーニング、革染色などで補修修理をいたします。メーカーや、他のお店で断られてしまった修理も諦めずにご相談ください。 財布クリーニング 4,000円 レザー染色 7,000~18,000円   その他アルマーニのドキュメントケース、ビューティーケースなどのアクセサリーの修理も承っております。ホックが閉まらない、内側が破れたと!もう使えないかな、修理できないかなとあきらめる前にパースフル財布修理専門店にご相談ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://bleufonce.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] お財布の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「ミスターオリーブの長財布のファスナーが閉まらなくなった!」 といった場合にはまずはこちらのページを参照ください。ブランドのお財布修理を専門にしているパースフル財布修理店の熟練の修理職人が詳しく解説していきます。 2003年日本発のメンズファッションブランドミスターオリーブ。ブランドの名称の由来は「MR」男性的なイメージ「OLIVE」女性的なイメージ、この相反するふたつを混合させることから。60年代から70年代のカルチャーをもとに物作りがされています。 それではどういった修理方法があるのか見ていきましょう。 メーカーでの修理依頼 ミスターオリーブの財布をオリジナルの材料で修理を検討している場合はメーカーに問い合わせてみましょう。一般的にメーカー修理の場合見積もりや納期に時間がかかることが多く、修理金額も高額になる場合が多いので注意が必要です。 修理専門店での修理依頼 修理専門店での修理の場合メーカー修理と比較すると、見積もり、納期共に早いことが多く、修理金額も安価に収まることが多いです。オリジナルのパーツでの修理にこだわらない場合、修理専門店での修理を検討しましょう。 また納期に余裕がある場合には相見積もりをとるのも有効です。より安く修理したいといった場合などには相見積もりを依頼しましょう。 長財布のファスナー交換修理 ミスターオリーブのラウンドファスナーのついた長財布のファスナーが閉まらなくなったり、スライダーが動かなくなった場合、交換修理が可能です。オリジナルと遜色のない材料で交換修理をいたしますので元の風合いを壊すことなく安心です。 また、財布の内側についているインナーファスナーの交換修理も可能です。小銭入れ部分によく使用されているインナーファスナーは故障が多い箇所なので気をつけましょう。 ラウンドファスナー交換 11,000~15,000円 インナーファスナー交換 11,000~14,000円 スライダー交換のみ 3,000~4,000円   ステッチのほつれ修理 丁寧に縫製されているミスターオリーブの財布ですが、使い込んでいくうちに縫製部分がほつれてくる場合があります。その場合再縫製修理が可能です。ほつれた個所が広がらないうちに早めの修理を検討することをおススメしています。 特にジーンズなどの後ろポケットに入れて財布を携帯している場合に多い修理なので気をつけましょう。 ほつれ補修(リステッチ) 2,000円~   汚れてしまった場合の財布のクリーニング ミスターオリーブのレザー製の財布は使いこんでいるうちに手になじんできますが、それと同時にレザー全体の汚れやくすみが気になります。 パースフル財布修理専門店では職人によるクリーニングでレザーの状態を整えます。長く使い続けるためにも、定期的なメンテナンスをおススメします。   もう使えないかなとあきらめる前に、ミスターオリーブのマネークリップ、カードケースなどの革小物の修理でお困りの場合には無料のメール見積もりにてご相談ください!修理依頼の際には来店もしくは郵送での修理が可能です。お気軽にご相談ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://bleufonce.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] お財布の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「スマイソンの長財布のファスナーが壊れた」といった場合にはまずはこちらにページから。 スマイソンの財布修理でお困りなら、こちらのページを参照してみてください。経験豊富な修理職人が詳しく解説いたします。もう使えなくなったとあきらめる前に、こちらのページからどうぞ! 英国王室など歴代の著名な顧客たちにこ愛されてきたイギリスの老舗ステーショナリーブランド、スマイソン(smythson)。創業者のフランク・スマイソンは自身のデスクに映えるアイテムの開発を思い立ち、現在のようなステーショナリーやレザーグッズが誕生しました。 スマイソン直営店での財布修理 スマイソンのすべての製品はカスタマーセンターを通して修理サービスを受けることが出来ます。一般的にメーカーに修理依頼をすると、見積や納期に時間がかかり、修理金額も高額になるケースが多いので注意が必要です。早めの見積もりや修理対応を希望する場合修理専門店の利用を検討しましょう。 お財布修理専門店での修理 メーカーで修理をしたら断わられてしまった!修理見積が高額すぎた!早く直して早く使いたい!といった場合、ブランドの財布修理を専門にしているパースフル財布修理専門店にご相談ください。 ファスナー修理 スマイソンの財布修理依頼で多くなっているのが、ファスナーの修理です。スライダーの動きが悪くなった、ファスナーが閉まらなくなったなどファスナー交換又はスライダー交換が可能です。 財布の外側はもちろん内側のファスナー、スライダーの交換も可能です。オリジナルのデザインや色合いを損なうことのない材料を使って交換しますので安心です。 ホック修理 財布や、カードケースなどに使われているホックが閉まらない、閉まりにくくなることがあります。無理に使い続けずに修理を検討しましょう。 オリジナルと遜色のない材料を使いホックの交換をします。色ばりも3種類の中から選べるので安心です。 ホック交換 2,000円~   カードケース修理 財布、小銭入れなどカードケースは長く使い続けていくうちに、縫製がほつれてくる場合があります。その場合再縫製修理が可能です。ほつれが出てきたら早めに修理を検討しましょう。 再縫製 2,000円~   財布のクリーニング 使い続けているうちに、財布も汚れてきます。特に淡い色の財布は汚れが目立ちやすいですね。パースフル財布修理専門店では専門の職人がクリーニングをいたします。革に浸みこんでしまった汚れや、他店で断られてしまった修理もあきらめずにご相談ください。 またクリーニングと合わせての革染色などもおすすめです。色が剥げてしまった場合などに有効です。 財布クリーニング 4,000円 革染色 5,000~15,000円 *特殊なケースは別途見積もり   財布以外のステーショナリーの修理 スマイソンの革小物、メガネケースのホック修理、ペンシルケース、ノートホルダー等のファスナー交換など、ステーショナリーの修理でお困りの場合、無料のメール見積りにてご相談ください。修理依頼の際には来店もしくは郵送での修理が可能です。もう使えないかな、修理は無理かなとあきらめる前にお気軽にご相談ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://bleufonce.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] お財布の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「ヴィヴィアンの長財布のファスナーが閉まらなくなった!」 「長く使い込んだヴィヴィアンのコインケースの内側が黒ずんだから、もう使えないかな?」 ヴィヴィアン・ウエストウッドの財布修理でお困りなら、こちらのページを参照してみてください。 修理専門の職人が詳しく解説いたします。修理後に後悔しないためにもまずはこちらのページからどうぞ。 ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood) イギリス人デザイナー、ヴィヴィアン・イザベル・スウィア(Vivienne Isabel SWIRE)が1983年のパリコレでデビューさせたファッションブランドです。 ブランドアイコンはまるで土星?のような王冠と地球をモチーフにした「オーブ(ORB) 」、と聞いて、「あ、あのブランドか!」と思い浮かんだ人も多いのでは? 現在はメンズ、レディースのアパレル、バッグ、財布、アクセサリー、ジュエリー、時計、香水等幅広く展開しています。日本には1996年に旗艦店として日比谷に「ViVienne Westeood Tokyo」を開店。 その後2003年に青山に移転しすべてのラインを揃えた「ヴィヴィアン・ウエストウッド青山」をオープンしました。 メーカーでの財布の修理 ヴィヴィアン・ウエストウッドの財布は、購入店で修理の受付をしています。 また、オンラインショップで購入した財布はカスタマーセンターで受付をしています。 オリジナルと全く同じパーツ等にて修理を希望の場合にはメーカーに修理を依頼しましょう。 メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がないと修理受付不可な場合がある 海外購入品、並行輸入品は修理を受付けてもらえない場合がある 見積もりや納期に長く時間がかかる 修理金額が高額になる場合が多い 状態によっては修理を断られること有り ◯ヴィヴィアン・ウエストウッド公式サイト [blogcard url="https://www.viviennewestwood-tokyo.com/top/CSfTop.jsp"] パースフルで修理の場合 メーカー保証が切れている財布修理に関してはの財布修理実績が豊富な専門店に修理を依頼するのが一般的で安心です。 オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早くなおしたいといった場合はパースフルでの修理を検討しましょう。 ヴィヴィアン・ウエストウッドの財布修理をパースフルに依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能 海外で購入した製品や並行輸入品の修理も可能 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い メーカー修理で断られても見積もり可能 オリジナルのパーツでの修理は不可 ◯パースフル 公式サイト [blogcard url="https://bleufonce.net/"] それでは、パースフルで修理のご依頼の多いヴィヴィアンのお財布修理について詳しく解説していきましょう! [caption id="attachment_16408" align="alignnone" width="300"] リステッチ[/caption] ファスナーの修理 ヴィヴィアン・ウエストウッドの財布修理の依頼で一番多いのがファスナーの修理です。 長財布、コインケースの外側、内側問わず、使っているうちに閉まらなくなってしまったり、スライダーが途中で引っかかってしまったりといった不具合が多くなっています。スライダーだけの交換又はファスナー全体の交換が可能です。 またL字ファスナー、ラウンドファスナーの交換も可能です。オリジナルに使われているものと遜色のない材料を使いますので、交換後も安心してお使いいただけます。 サブファスナー交換 11,000~14,000円 メインファスナー交換 12,000~15,000円   金具関連の修理やメンテナンス ヴィヴィアン・ウエストウッドのアイコンである「オーブ(ORB) 」やロゴが外れてしまった場合にも一度相談ください。 外れてしまった場合にも状態次第で取り付けが可能な場合が多いです。 ロゴ取り付け 8000円~   お財布の内装張替え修理 長く愛用しているお財布は内装(内側)がベタベタになったり、ぼろぼろになってしまうことがあります。そういった場合内装の交換修理を検討しましょう。 財布内装交換 14000円~   スナップボタン(ホック)の修理 ヴィヴィアンの財布にはスナップボタンを使用したタイプのものも数多くあります。 長年愛用しているとスナップボタンが閉まりにくい、閉まらない、といった不具合が発生しやすくなります。 お財布修理のパースフルではスナップボタンの修理、交換が可能です。カラーバリエーションももゴールド、シルバー、アンティークから選択できるので安心です。 ホック交換 3,000円~   財布の汚れ・色褪せ 財布を使い続けてきたために、汚れや黒ずみ、色あせが気になるなら、専門の職人がクリーニングをいたします。 しみ込んでしまった汚れや、革の色が退色浸透してしまった場合も革染色で補修可能な場合があります。他店にて断られてしまった修理も諦めずにご相談ください。 定期的にクリーニングをすることでヴィヴィアンのお財布をきれいに、長く使い続けることが出来ます! 財布クリーニング 4,000円 レザー染色 4,000円~   財布以外の小物の修理 その他、長財布のショルダーや、IDケースのストラップが切れてしまった、スマホケースのベルトがちぎれてしまった等、キーケース、ペンケースなどヴィヴィアン・ウエストウッドの小物類の修理でお困りの場合には無料のメール見積もりにてご相談ください!修理依頼の際には来店もしくは郵送での修理が可能です。お気軽にご相談ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [blogcard url="https://bleufonce.net/inquiry/"]...

ポーターのお財布が故障してしまった場合にはこちらのページからどうぞ。経験豊富な職人がポーターの財布修理について詳しく解説していきます。 [caption id="attachment_16297" align="alignnone" width="300"] パスケースのフィルムの交換も可能[/caption] 参考修理・料金 依頼の多い修理を参考に紹介していきます。 ファスナー・スライダーの修理 ポーターの財布の修理依頼で一番多いのが、ファスナーとスライダーの修理です。使用頻度が高いパーツなので、不具合が発生する頻度も高くなります。 金属ファスナーの変色、ファスナーの生地部分の破れ、スライダーがスムーズに動かなくなったなど、 気になり始めたら早めに修理に出すことをおすすめします。 スライダーが硬くなってくると、無理に開け閉めしようとして、力が入り、財布本体を痛めてしまう原因にもなります。また、ファスナー部分のほつれも、広がる前に直したいですね。 お財布修理のパースフルではオリジナルと遜色のない色と素材のものと修理、交換をいたします。 また一部リュック等で使用されている防水ファスナーについても取扱がありますので、ご安心ください。お財布と同様にペンケースのファスナーの修理も承っております。 ラウンドファスナー交換 11,000~15,000円 インナーファスナー交換 8,000~14,000円 小物ファスナー交換 6,000円~ スライダー交換 3,000円~   マジックテープの修理 マジックテープを使っているポーターのお財布は使い続けているうちにマジックテープに不具合が発生する場合があります。また、マジックテープの縫製がほつれてくることもあります。そういった場合交換修理を検討しましょう。 スナップボタン(ホック)の修理 ポーターの財布にはスナップボタンを使用したタイプのものが多く、長年愛用しているとスナップボタンが閉まりにくい、閉まらない、といった不具合が発生しやすくなります。 お財布修理のパースフルではスナップボタンの修理、交換が可能です。カラバリもゴールド、シルバー、アンティークから選択できるので安心です。 ホック交換 3,000円~   ナスカン、Dカン、はとめ等の修理 ポーターの財布に使われている素材は様々あり、ナスカン、Dカン、はとめなどの金属素材の劣化などで破損、不具合が生じた場合当店にて交換いたします。 オリジナルと遜色のないものを使用しますので、デザインや風合いを壊すことがありません。 財布本体の修理 ナイロン、牛革、そしてオリジナルの生地素材など、様々な素材を使用して製造されています。財布本体の生地の破れ、縫製部分のほつれといった修理依頼も多くあります。 お財布修理のパースフルでは素材に合わせて生地の破れ、ほつれの修理をいたします。特に縫製部分のほつれは、そのまま使い続けるとほつれ部分が広がってしまいますので、早めの修理を検討することをおすすめします。 また、使い続けてきたために、汚れや黒ずみが気になるなら、専門の職人がクリーニングをいたしますので合わせてご検討ください。浸透してしまった汚れに関しても革染色にて補修可能なケースが多いです。他店にて断られてしまった修理も諦めずに相談してください。 財布以外の小物の修理 その他、ポーターの財布、キーケース、ペンケースなどの小物類の修理でお困りの場合には無料のメール見積もりにてご相談ください!修理依頼の際には来店もしくは郵送での修理が可能です。お気軽にご相談ください。 ポーターのキャリーバッグ修理は下のリンクへ! [blogcard url="http://threadandneedle.net/carrycase/"] ポーターとは ポーター(PORTER)は日本製にこだわり、デザインから縫製まですべての工程に手を抜かない「一針入魂」の社是のもと日本で製造することにこだわり続ける吉田カバンの鞄、財布のブランドです。ナイロン製、レザー製のタイプがあり、どちらのタイプもしっかりとメンテナンスすることで長く愛用することの出来るお財布です。 メーカー修理の場合 オリジナルと全く同じパーツ等にて修理を希望の場合にはメーカーに修理を依頼しましょう。 また、ポーターの製品の中には使用していくうちに経年変化が表れるように、あえて色が剥げるような塗装にしている製品もあるので、修理に出す前に確認が必要です。 メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がないと修理受付不可な場合がある 見積もりや納期に長く時間がかかる 修理金額が高額になる場合が多い 状態によっては修理を断られること有り ポーター公式サイト [blogcard url="https://www.yoshidakaban.com/"] パースフルで修理の場合 メーカー保証が切れている財布に関してはポーターの財布の修理実績が豊富な専門店に修理を依頼するのが一般的で安心です。 オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早くなおしたいといった場合はパースフルでの修理を検討しましょう。 ポーターの財布をパースフルに依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い メーカー修理で断られても見積もり可能 オリジナルのパーツでの修理は不可 無料見積りはこちら 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [blogcard url="https://bleufonce.net/inquiry/"]...

「ロエベの財布が壊れてしまった!」 「ブランドのお財布って修理できるのだろうか?」 といったや不安やお悩みをお持ちの方はこちらのページを参照してみてください。財布修理経験が豊富な職人がロエベ修理について詳しく解説していきます。 それではまずはロエベのブランドヒストリーから簡単に見ていきましょう。 スペイン王室御用達ブランドであるロエベ(Loewe)は、1800年代にスペインのマドリードで皮革職人たちが創設したのが始まりで、その後ドイツ人職人によってブランドが確立しました。現在は、皮革製品以外にプレタポルテ等などにも進出し、1996年からルイ・ヴィトンなどに代表されるLVMHグループに属しています。 ロエベ直営店での修理 ロエベのお財布は直営店で修理の依頼が出来ます。まずは購入したお店に相談してみましょう。 メーカー修理の場合一般的は修理依頼品をお店に持ち込んでから、工房に送られます。お見積りが出来上がるのも、修理期間も一般的な修理専門店と比較すると、直営店では長くなることが多いので、注意が必要です。 また修理料金もメゾンの場合は高額になるケースが多いので注意が必要です。 財布修理専門店での修理依頼 当サイトは日本で唯一のお財布修理専門店です。ブランドお財布を専門に修理していいるので安心して修理をご依頼ください。 メーカーで修理を断られてしまった場合や、修理料金が高額になってしまった場合などは当サイトまで一度相談ください。 それでは当サイトにて依頼の多い修理メニューを中心に紹介していきます。 ファスナー・スライダーの修理交換 ロエベのお財布修理で依頼が多いのがファスナー・スライダー不具合による交換修理です。 コインケースや長財布に使われているファスナー・スライダーは使用頻度が高いので、不具合が発生しやすいものです。滑りが悪くなり、使いにくくなったら、修理が必要です。 お財布の状態を見て、スライダーだけの交換なのか、ファスナー全体の交換をするのか、専門の職人がしっかり確認をいたします。 お財布修理のパースフルではロエベオリジナルと遜色のない色と素材のものと修理、交換をいたします。修理後にほとんど違和感が残らないのでおすすめの修理です。 スライダー交換 3,000~4,000円 メインファスナー交換 12,000~18,000円 サブファスナー交換 11,000~15,000円   お財布のほつれ修理 お財布やコインケースはバッグの中で擦れたりこすれたりしているうちに縫製箇所がほつれてくる場合があります。そのまま放置しておくと、ほつれ部分が広がってしまう恐れがあります。 お財布修理のパースフルではオリジナルの風合いを損なうことなく、再縫製します。コーナー部分など軽くほつれてきた段階で修理に出すのが財布を長く愛用するコツです。 再縫製(リステッチ) 3,000円~   ホックの交換 ロエベのお財布、カードケースの一部にはホックが使われています。きちんと閉まらない、閉まりにくいといった症状が出はじめたら交換を考えましょう。オリジナルのホックと遜色のないホックと交換いたしますので、安心です。 ホック交換 3,000~4,000円   財布クリーニング 独自のなめし法により滑らかな肌触りのロエベのラムスキン。特に明るい色のものは汚れが目立ちます。日頃お手入れをしていても、長く使用していると、黒ずんできてしまいますので、専門の職人によるクリーニングをオススメします。1年に1回がお財布クリーニングの目安です。 財布クリーニング 3,000~4,000円 染色 7,000円~   財布以外の革小物の修理 ロエベの長財布、財布以外のコインケース、カードケース、チャームなどの修理も承っています。もう、壊れて使えないかな、と、あきらめる前にお財布修理のパースフルに見積の依頼をしてみませんか?   ロエベのキャリーバッグ修理はこちらのリンクへ! [blogcard url="http://threadandneedle.net/carrycase/"] 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://bleufonce.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] お財布の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]  ...