ポールスミスのお財布修理案内|ファスナー・ホック・リカラー

ポールスミスのお財布修理案内|ファスナー・ホック・リカラー

ポールスミスのお財布が故障してお困りならまずはこちらのページを参照してみてください。経験豊富な修理職人がどういった修理が可能なのかについて詳しく解説していきます。

メンズ長財布

メンズの長財布。ポールスミスの長財布はとても人気があるロングセラー。

ポールスミスのお財布は特に20代~40代男性に人気があります。毎シーズン多種多様なデザインをリリースしているので同じデザインで他人とかぶることがあまり無いのもポールスミスのいいところです。

またお財布のタイプも豊富です。長財布二つ折り財布、ラウンドジップタイプなど用途合わせて選択可能です。

そんなポールスミスのお財布を購入予定の方や、もうすでに長く愛用されている方は修理についてもある程度知っておきましょう。

ポールスミスのお財布修理で多い修理依頼

それでは当サイトの修理サンプルを参考にポールスミスのお財布修理について解説していきます。

通常の修理店舗では断られることの多いお財布修理。他店で断られた修理に関しても諦めずにお問い合わせください。

ファスナーやスライダーの不具合

ウィメンズの長財布

ウィメンズの長財布ファスナー部。写真のようになっている場合はスライダー交換にて修理可能な場合が多い。

ラウンドジップタイプなどはファスナーの不具合に気をつけましょう。毎日使用するファスナー部分は、その分消耗も激しくなっています。

ファスナー不調の原因には主に2通りあります。スライダーの摩耗によるものとファスナー自体の消耗によるものです。

スライダーが摩耗している場合にはスライダー交換のみで対応可能です。こちらの場合は比較的お安く修理できます。

オリジナルの引き手

スライダーの引き手はポールスミスオリジナルのものを移植する。

ファスナー自体が損傷している場合にはファスナー一式の交換が必要です。オリジナルの色に合わせて交換するので修理後に違和感が残ることはありません。

  • ラウンドファスナー交換 9000~1万円
  • インナーファスナー交換 9000~1万円
  • スライダー交換 3000~4000円

 

ホックが弱ってきた場合

コインケース部分やフラップ部のホックが弱ってきた場合にはホック交換がお薦めです。

ホックが弱ったまま使用していると、小銭が落ちやすくいので注意が必要です。早め早めの修理を心がけましょう。

  • ホック交換 2000~4000円

 

レザーの色落ちや退色が気になる場合

ポールスミスのお財布は本革製のものが多くなっています。長く愛用しているレザーウォレットは色スレや退色に気をつける必要があります。色スレが気になってきた場合には染色での対応が可能です。

  • 全体染色 9000~14000円
  • 部分染色 7000~9000円

 

その他ポールスミスのお財布修理に関するお問い合わせはメール見積りもしくは店舗までご来店ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

お財布の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK